So-net無料ブログ作成

大久保被告を聴取 東京地検 ゼネコンも聴取へ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年の土地取引をめぐり、政治資金収支報告書に4億円以上を記載していなかったとされる疑惑で、東京地検特捜部は5日、陸山会会計責任者だった小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反罪で公判中=から任意で事情聴取を始めたもようだ。土地取引や不記載の経緯などについて説明を求めたとみられる。

  【写真で見る】心は参院選? 小沢氏、地方行脚を宣言

 また、特捜部が小沢氏の地元、岩手県奥州市で建設中の胆沢ダムの工事に参入しているゼネコン関係者らから事情聴取する方針であることも分かった。特捜部は昨年来、建設業界から小沢氏側への献金が土地代金に充てられた可能性があるとみて、ゼネコン関係者の任意聴取を断続的に続けてきたが、今なお資金の流れに不明な点があり、全容解明には再度の聴取が不可欠と判断したもようだ。

 この疑惑では、当時会計事務担当だった民主党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=と、後任の事務担当者だった元秘書がすでに事情聴取を受けており、大久保被告の聴取で、規正法違反罪で告発された3人全員が聴取された。特捜部は石川氏を規正法違反容疑で立件する方針で、近く、強制捜査か任意捜査で在宅起訴するか最終判断するとみられる。

 関係者によると、陸山会は平成16年10月、東京都内の不動産会社から世田谷区の土地を約3億4千万円で購入。小沢氏側は、4億円の定期預金を担保に金融機関から借りた4億円を土地代金に充てたと説明していたが、陸山会が土地代金を支払ったのは融資を受ける前だったとされる。

 陸山会の口座には土地購入の数日前、小沢氏の個人資金など4億円以上が小沢氏関連の複数の政治団体から入金されていたとされ、特捜部はこの簿外の資金が土地代金や定期預金に充てられていた可能性が高いとみて資金の原資についても解明を進めている。

【関連記事】
小沢氏、自民党壊滅作戦にメラメラ 土地購入疑惑も正面突破?
「リークは違法の固まり」小沢氏献金問題で民主・山岡氏が検察批判
社民・重野幹事長「通常国会は波乱含み」 仕事始めの挨拶で
小沢幹事長、「4億円」の出所は答えず
小沢幹事長、参院単独過半数へ政策介入が鮮明化

農場
ビッグマウスのリアルライフ
モバイル ホームページ
即日現金化
クレジットカード現金化

<携帯充電器>設置巡り賠償訴訟相次ぐ 説明通りの収益出ず(毎日新聞)

 ホテルや飲食店に設置されている携帯電話充電器を販売する大阪市のグループ会社を巡り、「もうかると言われたのに、説明通りの収益がなかった」として、購入者が損害賠償を求める民事訴訟が各地で相次いでいる。26人が集団訴訟を起こした大阪地裁では昨年末、「詐欺行為に当たる」として、25人分計約2900万円の支払いを命じる判決が出た。大阪府警は昨年、この会社など関連先を家宅捜索している。

 この会社は「MMS」(現・メディアクロス、大阪市)。購入者26人がMMSと関係会社に総額約3800万円の賠償を求めて大阪地裁(稲葉重子裁判長)に訴えていた。

 判決によると、購入者は04〜07年、充電器(1台52万5000円など)を購入し、設置・管理を関係会社に委託。充電代金などから経費などを差し引いた額の65〜70%が購入者に支払われる契約だった。しかし契約通りの支払いはなく、1台につき月1000円を払う内容変更の書面を送りつけられた。

 判決は「設置台数も明らかにせず、実際に設置しているか疑わしい」と指摘した。

 高知でも12人がMMSなどに計約2600万円の賠償を求めて提訴するなど、各地で同様の訴訟が起きている。経済産業省は08年11月、MMSに9カ月間の業務停止を命令し、府警に告発した。

【関連ニュース】
フィッシング詐欺:5容疑者逮捕 被害総額1億円超か
詐欺容疑:死んだ父親装い恩給詐取 津の65歳逮捕
詐欺容疑:競馬予想で現金だまし取る 51歳男逮捕
投資詐欺:近未来通信元役員の2被告を再逮捕
詐欺容疑:「寝具購入リストに名前」削除偽り現金 愛知

f5h33m1kの日記ブログ管理ツール
a5x9kyoeのブログ
ショッピング枠現金化
パチンコ攻略
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。