So-net無料ブログ作成
検索選択

<福島地裁支部>デジタル記録の証拠消去 原告に1年伝えず(毎日新聞)

 福島地裁郡山支部(清水響支部長)が、損害賠償訴訟の証拠保全のため、文書を記録したビデオカメラのデジタルデータを一部消去していたことが29日分かった。パソコンで複写・編集する際に手順を誤ったという。同地裁は「文書をビデオで記録するのは初めてだった。担当した職員もパソコン操作に不慣れだった」と釈明するが、保全を申し立てた原告に消去を伝えず、再三の閲覧要求も放置していた。元の文書は既に廃棄されており、原告が不利になるのは避けられない状況だ。

 訴訟は、福島県郡山市の医療専門学校を相手に、卒業生の男性(40)が08年3月に提訴した。在学中の02〜05年度、同校が無資格教員に授業をさせたとして、授業料など約300万円の返還を求めている。

 男性は授業の状況を立証するため、同校の教職員出勤簿や雇用契約書、学生の出席簿などの証拠保全を申請。同支部は昨年3月4日、裁判官1人と書記官ら4人が同校に赴き、ハードディスク内蔵型のビデオカメラなどで撮影記録した。

 その後、支部職員が私物のパソコンを使い、約90分ある撮影データをDVD2枚に複写・編集する際、「02年度後期出席簿」が映っていた約8分のデータを消去してしまった。同支部は撮影後約1年間、男性のビデオ映像開示の求めに「閲覧に来ても見せられない」と応じなかった。

 今年3月末、男性が同支部を所管する福島地裁に苦情を訴え、今月21日に初めてデータの消去を明らかにした。毎日新聞の取材に地裁は「(消去の事実を)隠したわけではないが、そう思われても仕方ない」と答えた。

 男性は「無資格教員の授業時間を立証するのに必要な証拠だった」と困惑。同地裁の高世三郎所長は「当事者に多大な迷惑をかけてしまい誠に遺憾だ。今後このようなことがないように厳しく指導したい」と話している。【坂本智尚】

【関連ニュース
<ずさんな捜査が問題>郵便不正公判:大阪地検が窮地 供述内容覆り
<証拠の廃棄が問題>沖縄密約、開示命令 廃棄解明、迫られる国
<警察不祥事>銃刀法違反:ガンマニアの警部補を逮捕 改造銃所持容疑で−−警視庁
<警察不祥事>わいせつ:取調室で疑い、逮捕の警部補不起訴に−−名古屋地検
不祥事会見:見せたくない? 消極的な愛知県警、検察 「カメラOK」県庁と差

総合出版社のリストラ内幕 時々刻々「ドキュメンタリー」暴露(J-CASTニュース)
道路横断せず路面電車に…全国初、歩道寄り軌道(読売新聞)
「政治家は人間の基本忘れるな」=桐花大綬章の綿貫民輔元衆院議長(時事通信)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)
54歳女性 路上で血を流して重体 詳しく捜査 横浜(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

おぱぁい聖人


出ました!Gカップ爆☆乳!!!!
バックで突きまくったら、おぱぁいがブルルン揺れてすげぇ迫力だった!!

てか、こんな工ロボディ食べたのに6万も貰っちゃったぜ♪(^^)
http://chit.Iphone5.net/jm0ga6o/
by おぱぁい聖人 (2010-05-09 03:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: