So-net無料ブログ作成
検索選択

芥川賞・直木賞 候補11作発表 大森兄弟、佐々木譲氏らノミネート(産経新聞)

 第142回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が5日付で発表された。芥川賞候補は実の兄弟の共作で昨年、文芸賞受賞で話題を集めた大森兄弟や、劇団「大人計画」の主宰者で、舞台演出から脚本、俳優、映画監督もこなす松尾スズキさん(47)らの5作(6人)がノミネート。直木賞候補には「空飛ぶタイヤ」で経済小説に新ジャンルを拓いた池井戸潤さん(46)、北海道警を舞台にした警察ミステリーを手掛ける佐々木譲さん(59)ら6作が選ばれた。選考会は14日に都内で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。

 【芥川賞】大森兄弟「犬はいつも足元にいて」(文芸冬号)▽羽田圭介「ミート・ザ・ビート」(文学界12月号)▽藤代泉「ボーダー&レス」(文芸冬号)▽舞城王太郎「ビッチマグネット」(新潮9月号)▽松尾スズキ「老人賭博」(文学界8月号)

 【直木賞】池井戸潤「鉄の骨」(講談社)▽佐々木譲「廃墟に乞う」(文芸春秋)▽白石一文「ほかならぬ人へ」(祥伝社)▽辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(講談社)▽葉室麟「花や散るらん」(文芸春秋)▽道尾秀介「球体の蛇」(角川書店)

【関連記事】
“ハルキ・イヤー”にあえて「1Q84」を除くと…
第13回司馬遼太郎賞に宮本輝氏 「骸骨ビルの庭」
文学界に新風、共作ユニット「大森兄弟」 「通じ合う」兄弟の挑戦
“原石”を探せ!感性重視、未完成作品歓迎…若者向け文学新人賞
芥川賞・直木賞選考経過 「終の住処」圧倒的、「鷺と雪」2度目投票で決着

けんじのブログ
歯科医の仕事はプライドが大事!
ライブチャット
2ショットチャット
ショッピング枠現金化
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。